消費カロリーを知ろう!

フィットネス・エクササイズ2013年3月26日

年を重ねるほど月日が経つのが早く感じると言いますが、蓄えた体脂肪を落とすのは
年齢問わず長く感じるものですよね。年末年始の忘年会や新年会、お正月のなどのイベントごとで、ほとんどの方が食べ過ぎ飲み過ぎで、年明けからトレーニングに勤しんでいることではないでしょうか?

そこでみなさん、少しでも効率的に結果を出すためにカロリーに関することを知っておきましょう。キーワードは「摂取と消費のバランス」です。

当たり前のことですが、摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、オーバーした分は体脂肪に
変わります。ということは、摂取量と消費量を確実に把握しておけば、トレーニング時間が無くてもある程度のコントロールが可能になります。

最近はほとんどの食料品や飲食店でもカロリー表示がされているので、摂取量に関しては比較的
簡単に把握できると思います。自炊でいろいろな食材を使用して料理したときも、インターネットで調べることで大体の数値がわかります。

しかし、消費カロリーって意外に分からないものではないでしょうか?実際にどれだけ運動したらどれだけ消費するのか、ここが問題です。

皆さん、"メッツ"という単位を聞いたことがありますか?"メッツ"とは運動の強さ(強度)を表します。人は座っているだけでも立っているだけでも、基礎代謝とは別にエネルギーを消費します。当然、通勤・通学中やお仕事・家事などの日常生活でもエネルギーを消費しています。

その計算式が、【メッツ×時間(h)×体重(kg)×1.05=エネルギー消費量】です。ちなみに立ち姿勢で1.2メッツの強度となります。(座位=1.0メッツ 徒歩=3メッツ)

例えば、体重50kgの人が8時間の立ち仕事をしているとすると、【1.2(メッツ)×8(h)×50(kg)×1.05=504kcal】つまり、仕事だけで504kcalのエネルギーを消費することになります。
これらと基礎代謝を合わせて1日の目安消費カロリーにしてみてください。

写真:おにぎり一つ消費するには、ランニングおよそ25分
画像(1)おにぎり一つ消費するには、ランニングおよそ25分

以上のことを知ってるだけでも食事管理がしやすく、楽しんでシェイプアップできますよ。


(桂田)

画像(1):おにぎり一つ消費するには、ランニングおよそ25分
※画像撮影者/桂田
写真:おにぎり一つ消費するには、ランニングおよそ25分

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。