筋肥大トレーニング!

フィットネス・エクササイズ2017年11月22日

筋肥大を目的としたトレーニング方法の一つ【POF法】を紹介します。POF法とは、動作中に最も負荷のかかる状態を3種類に分けてトレーニングをしていく方法です。

●ミッドレンジ種目
筋肉が伸展と収縮の中間地点で最も負荷のかかる種目。
高重量を扱うことができるため、最大筋力の向上が期待できます。

写真:
画像(1)
例)チェストプレス

●ストレッチ種目
筋肉が伸展している時に最も負荷のかかる種目。
筋繊維に大きな刺激を与えることができるため、筋肥大の効果が期待できます。

写真:
画像(2)
例)ダンベルフライ

●コントラクト種目
筋肉が収縮している時に最も負荷のかかる種目。
成長ホルモンの分泌を促すため、筋肥大の効果が期待できます。

写真:
画像(3)
例)ペクトラル

この3種類の組み合わせ方として基本的に、ミッドレンジ種目→ストレッチ種目→コントラクト種目の順番でトレーニングを行うことが良いとされています。また、POF法では筋肉にいろんな角度から刺激を与えることができる為、筋肥大の効果が期待できます。筋肥大を目的とされている方は、是非一度お試し下さい。


(東畠)
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。