健康のスタートライン

健康2020年9月18日

季節の変わり目におきやすい体調不良の原因の一つとして、気温の寒暖差やストレスによる自律神経のバランスの乱れがあげられます。
普段、私たちの体は、日中の活動時に作用する「交感神経」と、リラックス時や睡眠時の「副交感神経」の二種類があり、この二つの神経がバランスよく作用することで体温や発汗、循環、代謝などがスムーズに行われています。
寒暖差が大きくなると、体温や発汗を頻繁に調整する為、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい体調を崩しやすくなると言われています。
自律神経のバランスを崩さないようにするには、バランスのとれた食事、適度な運動、十分な睡眠をとる事です!!
健康意識が高くなっている現在、健康を目的とし運動を始めようとご入会される会員様が多くいらっしゃいます。健康意識の高まっている今、一緒に健康のスタートライン立ちませんか?

写真:
画像(1)


(奥田)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。