講談会

店舗イベント2020年10月23日

1月3日 14:45〜15:15スタジオで 講談会を行いました。と言いましても、出演者はフロントスタッフの垣内一人(芸名 旭堂南照)です。

私、垣内は、平成9年から3年間梅田店に勤め、昨年10月に異動で12年ぶりに梅田店に戻りました。「12年の間に、お客様にもいろいろなことがおありになったようです。私も講談師になりました。2010年5月に、講談師の旭堂南陵さんに弟子入りしました」と講談の始まる際に話し始めました。

演題は「那須の余一」、那須の余一とは平安時代末期の武将の名前で、源平屋島の合戦の一シーンで有名なお話です。当日は30人近いお客様が集まり、講談終了後「いい話が聞けた」「いい経験ができた」と喜んでいただけました。


(垣内)

画像(1):スタジオの鏡に写っているのはお客様です。たくさんの方に見ていただけました。
画像(2):演じている垣内です
画像(3):ステップ台も布を敷けば、立派な高座です。
※画像撮影者/仙波
写真:スタジオの鏡に写っているのはお客様です。たくさんの方に見ていただけました。 写真:演じている垣内です 写真:ステップ台も布を敷けば、立派な高座です。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。