「ゴミをまたぐな」をモットーに!

マネージャーのヒトリゴト2019年5月12日

10連休はいかがお過ごしだったでしょうか。やっと日常のリズムが戻ってきたという方も多い事かと思います。オアシス梅田店では5月から開始したUBOUND(ユーバウンド)のレッスンが大盛況で、10連休の期間中お休みされていた方も、新しいエクササイズを楽しみながらしっかり汗を流していただいています。

話は変わりますが、フィットネスクラブに通っていらっしゃる皆様にとって、クラブを選ぶにあたって重要な事はありますでしょうか?
「楽しく効果的なグループレッスンがある」
「温浴施設が充実している」
「爽やかで信頼できるスタッフがいる」
などなど、会員様それぞれにクラブに求める価値に違いがありますが、誰もが求める事は「清掃の行き届いた清潔な施設」です。

常に清掃が行き届いたクラブを目指す上で、私自身常に心がけている言葉があります、それが「ゴミをまたぐな」という言葉です。
どこで誰から聞いた言葉なのか覚えてはいないですが、この言葉を聞いてから、クラブ内を周回する際に、ゴミが落ちていたら必ず拾って捨てる。掲示物が傾いていたり、備品が整っていなかったら整えて回る。という事をコツコツと続けてまいりました。

この言葉を要約すると、「見て見ぬふりをしない」という事になると思います。
全てのスタッフが、周回をしながら通った範囲を整えて行く事を習慣化すれば、常に清潔で乱れないクラブになると信じています。

オアシス梅田店のスタッフは全員「ゴミをまたぐな」の精神で日々クラブ運営に携わってまいります。
清潔感のあるプールを。整理整頓されたジムエリアを。気持ち良く利用できるスパエリアを。私自身もゴミを拾いながらの周回している姿を沢山お見せできるよう努めますので、キレイなオアシス梅田店にご期待ください。

自宅では中々これができないのですが。。。クラブでは実践してまいります!


(岩本)

画像(1):常にこのような清掃の行き届いた状況を目指してまいります。
※画像撮影者/岩本
写真:常にこのような清掃の行き届いた状況を目指してまいります。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。