京都で厄除けの旅

店舗日誌2010年2月15日

2010年は厄年の私。
気が向けばお参りに行くのが、この2ヶ月で習慣になってしまいました。

今回は同い年の友人と京都に足を運びました。
まずは京阪線清水五条駅から歩いて、安井金比羅宮へ。
ここは縁切り寺としても有名です。
男女の縁はもちろん、病気や賭け事などの悪縁を切り、良縁を結ぶという言われがあります。
私もお札に願い事を記入しました。

そして、ここからが安井金比羅宮の珍しいところ。
願い事を書いたお札を持って、縁切り縁結び碑と言われる巨石の穴を通るのです。
表から裏へ穴を通って悪縁を切り、裏から表へ通って良縁を結びます。
その後、お札を碑に貼り付けるのですが・・・『碑』とは言え、すでに石肌は全く見えない状態・・・。
たくさんのお札が重そうに垂れ下がっていました。
それでもちゃんと貼り付けてきましたけどね!!
これで良縁が結ばれるでしょう!

帰りには厄除けの七色ストラップを購入しました。
厄年には七色の物を持っているのが良いとされるそうです。
母は帯締めを祖母から貰ったようなのですが、帯締めは使う機会も無いし・・・と話していたところでした。
しっかりと私の厄を払ってくれることを祈ります!

ちなみに、本日は2駅間を遠回りで歩きました。
約5km。
距離はあまり長くなかったですが、坂道が多かったので思ったよりも足が疲れました。
風は冷たいですが、歩くと身体は温まるので冷たい空気が気持ち良いくらいですよ。
皆さんも観光と合わせて散歩を楽しんでみてくださいね!


(喜多)

画像(1):悪縁を絶ち・・・
画像(2):良縁を結ぶ!
画像(3):厄除けの七色ストラップです
※画像撮影者/友人
写真:悪縁を絶ち・・・ 写真:良縁を結ぶ! 写真:厄除けの七色ストラップです

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。