私流・肩凝り解消法

店舗日誌2008年10月18日

肩こりきついのって、イヤですよね。スポーツクラブで働いてる私も実は、超肩こり持ちなんです…。自覚をしたのは、大学生になった頃だったと思います。頭痛や吐き気を伴う
ほどひどかったので、病院に行った事を覚えています。そこで知った、自分の体の秘密…
(変って訳ではないです!!)私は、首が長い上、頚椎(首の骨)の自然湾曲がゆるい為
筋肉に負担がかかり、肩こりになり易いそうです。
今でも肩こりに悩まされる事がありますが、そこはこの職場のおかげ(?)でしょうか?
色んな原因が分かり、その解消法を見つけました!!

〜その1:お風呂で…〜
肩こりの原因の一つに老廃物の蓄積があります。血行を促進して老廃物を除去します。
(1)熱めのお風呂で半身浴をします。
(2)タオルを冷水に浸し、しぼる。
(3)首から肩にかけてタオルをかける(冬場はつらい…)
(4)汗がじわじわ出るまでお風呂につかる。
お風呂から上がり、タオルを外すと今まで冷やされていたところに血流が集中します。
その部分がポカポカしてくるのですぐに分かります。血行が促進され老廃物を流し
肩こりが緩和されます。

〜その2:ストレッチ編〜
肩こりになる筋肉(僧帽筋)のストレッチをご存知の方は多いと思います。肩こりは
姿勢の悪さなどから来る事もご存知だと思います。私達の日常は、背を丸める事が多く
その関係で、体の前の方の筋肉が硬くなる事がよくあります。そこで首や肩以外の場所の
ストレッチを一つ…
(1)片腕を肩の高さに正面に伸ばします。
(2)その高さを維持し、水平上に後に回します。
(3)後まで行ったら、手首を90度にし、親指側にひねります。
(4)上腕の内側が伸ばされ、肩こりがひどい方は痛い位に感じるかと思います。
上腕二頭筋(力こぶが出来る所)の短い方の筋肉が縮み、いわゆる巻き肩と言うのになります。それを緩和する方法です。

〜その3:揉み揉み編〜
その2同様、姿勢って大切です。背中が丸まると胸の筋肉は縮みます。肩こりで肩や首を
押しても…って時には、胸の筋肉の端(肩・腕の付着部)を揉んでみてください。痛さを乗り越えると気持ち良さが感じられるかもです。エステのデコルテなんかがいいのかも
知れませんね。

これから、寒い時期に向かいます。寒さ故に背を丸めてしまう事も多々あるかと思います。
そんな時に『その1〜その3』がお役に立てればいいなぁと思いつつ、私も肩こりの予防に努めたいと思います。
(中川)

画像(1)その1:タオルは首から肩にかけてかける。
画像(2)その2:しっかりひねりましょう。
画像(3)その3:揉みほぐす場所です。
※画像撮影者/中川


()
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。