運動、栄養、休養。プラス!ストレッチ!!

店舗日誌2009年1月17日

私はスタジオがレッスンが好きでよく会員の皆様と一緒にレッスンを楽しませて頂いています。ウエイトトレーニングは時々、たまに外をジョギングしたりもします。
そんな感じで運動は大好きなのですが・・・
よく「身体が硬い」とか「筋肉が硬い」と言われます。

それもそのはず。
運動前後のストレッチはと言うと・・・全くやっていませんでした(笑)
別にいいや!と思っていて、今まで奇跡的に(?)怪我無く運動を楽しむことができていたのですが今考えるとなんと恐ろしい・・・

昨年、パーソナルストレッチの養成講習を受け
今月はじめにパーソナルストレッチのオーディションを終え、めでたく合格しました。
ストレッチについての勉強をさせていただく事でストレッチの大切さがよく分かりました。
そして「自分の筋バランスがいかに悪いか」を知ることができました(笑)

ストレッチにはいろいろな目的や効果があります。
筋バランスが改善することによって生活がしやすくなる、運動する前の場合は競技能力も向上し怪我の予防にもなります。
また疲労回復やリラクゼーションといった目的もあります。
縮んだ筋肉のまま運動を終えてしまうと疲労物質が排出されにくく疲れが取れにくいそうです。健康な体作りは運動、栄養、休養。
それに今日からストレッチも是非加えてください!!
「どんな風にしていいか分からない」「自分の筋バランスが分からない」そんなときはお気軽に声をおかけくださいね。

最後に注意点を。
ストレッチをすることによって症状が悪化してしまう場合もあります。
「気持ちいい」ところを越えて「痛い」ストレッチをすると逆に筋肉を硬くしてしまいます。また急性期の疾患がある場合も症状を悪化させてしまう場合があるのでストレッチよりも安静が必要ですのでご注意くださいね。
(藤原)

画像(1)お気軽に声をかけて下さいね。目印はこのTシャツです
画像(2)オーディション合格のご褒美に。オレンジのハチミツです。
※画像撮影者/藤原


()

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。