水分補給の大切さ

健康2011年7月18日

ヒトが1日に必要な水の量をご存知でしょうか。
500ml?1,000ml?2,000ml?もっと?

正解は2,300mlです!

これは、横たわった成人男性が1日に排泄する水の量が約2,300mlで、内訳としては排泄物で1,400ml、呼気に含まれる水蒸気や発汗で900mlと言われています。
1日の排泄量が2,300mlなので、必要な量も2,300mlというわけです。また1日に必要な水分のうち、食事から約4割、飲料水などから約6割を摂取しています。

ダイエットで食事量を減らすなどの方法が用いられることがありますが、食事量を減らすと食事から摂取出来る水分量も当然減ってしまいます。更に、夏は発汗量も増える為、体内の水分量が知らず知らずのうちに減っている事が多いです。オアシスのダイエットプログラム「シェイプナビ」で1日に水を2,000ml飲んでいただくのは、不足がちな水分を意識して摂取していただくことで、体内の水分量を正常化する役割もあります。

ちなみに水分量が体内からたった3%失われるだけで身体機能は大きく低下し、5%失われると脱水症状が起こり非常に危険な状態になります。夏に熱中症で倒れることが多いのは、水分補給が充分でないことも原因の1つです。

オアシス梅田の施設内は常に空調で温度管理され、運動しやすい環境に整えられています。しかし運動中は汗でかなりの水分が排泄されますので、温度管理された環境だからといって油断は禁物です。

水分補給は、のどが渇くその前に。
適度な量とナイスなタイミングで水分補給を小まめに行い、健康的に夏を乗りきりましょう。


(正木)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。