つらい筋肉痛を防ぐために

フィットネス・エクササイズ2020年7月9日

最近久しぶりにトレーニングをして4日間筋肉痛が取れませんでした。確かに筋肉痛がおこると、しっかりトレーニングの効果を実感できてちょっと嬉しいものですが(もしかして僕だけ?)さすがに4日も続くと痛いです、疲れます。

ではそもそも筋肉痛はなぜ起こるのでしょう?原因はいろいろあるみたいですが、一説によるとこれは「トレーニングによって損傷した筋線維とその周りの結合組織が、回復過程において炎症を起こし、この際に発生した発痛物質が筋膜を刺激することでおこる」といわれています。難しくてわかりにくいように思えますが、簡単に言うと筋肉を酷使したことに対する彼らの反撃です。では筋肉痛を起こさないためにはどうすればよいのでしょうか?これは主に3つあります。

筋肉痛対策
その1:運動前には必ずストレッチなどのウォーミングアップをする。
その2:運動後は徐々にクールダウンし筋肉ほぐしてあげるようにする。
その3:激しい運動やスポーツの後はゆっくりと入浴して筋肉をいたわる(できれば熱いお湯よりぬるま湯にじっくりつかる)。

やはり筋肉を暖めてほぐし、血行を良くしてやることが筋肉痛防止には一番効果的です。そうすることで活発になった血流が老廃物や疲労物質を押し流してくれます。が、もしそれでも痛んでしまった場合は湿布をしたりアイシングをしたりしてゆっくり休んで下さい。

ではみなさん正しく運動をして快適なフィットネス生活を送りましょう!!


(國藤)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。