ケガの処置法を学んできました

店舗日誌2020年7月9日

先日3日間かけて、日本赤十字社の「救急救命講習」に参加してきました。私はパーソナルトレーナーの活動をしていますので資格維持のために定期的に受講しています。今回で3回目の受講です。

参加者は30人ほどで、AEDを使った心肺蘇生法はもちろん、三角巾での保護や固定、緊急時の対応などを年齢や職業が様々な方々と一緒に学んできました。このような研修はもちろんオアシスでも定期的に開催されておりスタッフ全員が受講していますが、一般の方々と混ざっての受講はとても新鮮でした。

特に印象に残っているのは、骨折や脱臼などの処置に使う三角巾での保護と固定です。三角巾はほとんど実践では使う機会がないかもしれませんが、あるとすごく便利なのでオアシスでも常備しようと思います。去年オアシスでも私の勤務中に肉離れや捻挫、骨折してしまう方がたくさんいらっしゃいました。そのような時でも、そういった研修のおかげでなんとか焦らずに対処することができました。

しかし、怪我をする前の予防がやはり大切です。運動される皆様、ストレッチなどウォーミングアップはしっかり行いましょう!


(井原)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。