地元・神戸を堪能〜デートコースにいかが〜

店舗日誌2008年8月18日

住んでいる自分の町って、実はあまりよく知らなかったりします。
そこで今日は地元の神戸を今更ながら堪能してみました!!
地元ならではの堪能方法をご紹介いたしましょう!

まず、神戸といえば。。。やっぱり海!!
神戸のシンボル、赤くきらめくポートタワーを思い出す方も多いでしょう。
でも今日はあえて人工島の六甲アイランドをえらびます。
(住吉店から近いので)
行くだけではもったいないので、花火を持っていきましょう。
一人では寂しいので、適当に何人か集って行きましょう。
乗り気でない人もとりあえず「夏なんだし!」の呪文をかければ、結構乗ってきてくれるものです。
(この方法で15人近く集まりました!)

広い海に出たらまずは、夜風を堪能しましょう。
天気がよければ和歌山あたりの夜景が水平線にきらきら浮かびます。
そこで持参した花火を堪能!綺麗な夜景を花火がさらに彩ってくれます。
最後は全員で線香花火です。
小さな夏の太陽が切なく落ちたら、なぜかお腹が空いてくる...

晩御飯だ!!
そんな時はまたちょっと車を飛ばして、神戸の台所、中央卸売市場に併設されている24時間営業の食堂居酒屋へ!
とれたての魚で作られる海鮮丼は必見です!!
画像(2)をご覧ください。これで、なんと500円!!
神戸の幸に感動!!

さてお腹も満腹なったし、ぼちぼち帰りましょう〜
でもちょっとまだ早い、、、そんな時は、送ると見せかけて山の上まで送迎♪
神戸は海から山までが近いところも素敵です!
(住吉店のすぐ近くにも、山が迫っています。)
そこは隠れた夜景スポット!!
「100万ドルの夜景」と歌われた神戸の夜景...
西は神戸・三ノ宮、東は大阪まで180度のパノラマは
誰と来ても心トキメキます。

でも次はどこかで待っている(はずの)私の王子様と一緒に来よう...
(いつになるのか...)
すでに王子様のいるあなたは、デートコースにオススメです♪
(大井)

画像(1)実は勤務後なので、深夜12時半から開始された花火
画像(2)この海鮮丼!!
画像(3)このテンションですが、時間は深夜3時。。。
※画像撮影者/大井


()
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。