夏の終わり

店舗日誌2008年8月22日

みなさんはどんなときに夏の終わりを感じますか?
夜の風が心地よくなった時、
学校の宿題を始めた時、
海でクラゲに刺された時、
夏の終わりはふとした時に様々な顔をして表れます。
私にとって今年の夏の終わりは8月18日、阪神甲子園球場でした。

関西にお住まいのみなさんは甲子園球場に行ったことがある方が多いと思います。
行き交う多くの人々、なんともいえない独特な臭い、あの殺伐とした雰囲気。
延べ65000人を超える人間を収容するこのマンモス球場は、まるで異国の地に立った気分を味わわせてくれます。
私はそんな甲子園球場が大好きなのです。

8月18日、私はオアシスの仲間と一緒に甲子園へ、
夏の高校野球決勝戦を観戦しに行きました。
夏の日差しは我々の肌を容赦なく焼き、日焼け止めはもはや用を成しません。

試合は大阪代表大阪桐蔭高校と静岡代表常葉菊川高校が激突しました。
4059校の頂点を決める戦いです。
厳しい練習に耐え、最も努力した高校球児だけがこの場に立つことを許される、
そう思うととても感慨深くなりますね。

試合開始は1時丁度、サイレンと共に始まりました。
地元関西の大阪桐蔭を応援している人が球場の大部分を埋めているようでした。
そんな中必死でプレイしている両校ナイン。
名物甲子園カレーを食べながら高校球児のはつらつプレイを見ていると、なんだか力が湧いてきます。

試合結果は大阪桐蔭高校の圧勝となりましたが、
最後まで必死で戦った常葉菊川高校の姿にもとても胸を打たれたオアシススタッフ一同。
甲子園球場から頂いたその感動と日焼けの痕は大切な夏の思い出です。
ありがとう、甲子園。ありがとう、夏。

夏が終われば次は秋。そして冬。
トレーニングからどうしても遠ざかる季節になっていきますね。
あの高校球児のように、自分に負けず、めぐり来る熱い夏にむけて、オアシスで自分自身を鍛えに来てみませんか??
(原川)

画像(1)感動の一場面
画像(2)焼けました〜左に写るは、宝塚店に移動した中園さんだ!!
画像(3)65000人収容する青春の甲子園
※画像撮影者/原川


()
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。