ランニング習慣

ランニング・ジョギング2020年10月22日

こんにちは、フロントスタッフの野邑(のむら)といいます。

私はバスケットを中学時代からやっていて今も続けているのですが,みなさんも学生時代に体育や友達同士でバスケットをプレイした経験があると思いますが、野球やサッカーに比べて細かいルールや、プロのリーグ戦をテレビでみたりなどそこまではちょっと・・・って感じではないですか?

ちなみにバスケットは、体力が勝敗の8割を決めると言っても過言ではないスポーツなんですよ!持続的な有酸素運動と瞬発的な運動の連続で、私も下半身強化と何より体力をつけるためにランニングをよくやっていました。マラソンのように走って体力をつけるランニングと、高強度な無酸素で走るランニングの二つやっていたのですが、特に私は体力をつける前者のランニングがとても嫌いでした。

正直こういった有酸素のランニングを毎日続けるのはとてもつらいです・・・。毎日ランニングを続ける習慣がある人に聞いてみると、まったく苦じゃないとお答えの方もいらっしゃいますが、ランニングをするにあたって特に女性は体重を減らすという事にだけ目がいってしまい、走り始めは良いのですが、体重が減らなくなるとだんだんやる気をなくしてしまう方が多いと聞きます。

ランニングは体重を減らすためにするのではなく自身がキレイになるという本来の目的を見失わずに走るのが長く続く秘訣らしいです。あくまで体重を減らすのは食事制限でがんばり、とにかく一日5分でも毎日走る習慣をつければ体重が減らなくても身体は確実にいい方向にむき、他の身体の悩みも改善するはずです。

身体をキレイに健康にするためにランニング習慣をつけてみてください!
興味がある方はランニングイベントもやっているので参加お待ちしています。専門のスタッフがランニングのもっと詳しい効果や正しいフォームなど習慣をつけるのに役にたつレクチャーをするのでとてもいいと思いますよ。


(野邑)

画像(1):私、日下部がランニングサークル担当しております。走りやすいトレーニングのやり方などいつでも聞いてくださいね。お待ちしております!
※画像撮影者/野邑
写真:私、日下部がランニングサークル担当しております。走りやすいトレーニングのやり方などいつでも聞いてくださいね。お待ちしております!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。