【痩せるための食事方法】〜良く噛んでゆっくり食べる〜

ダイエット・美容2019年11月15日

5月も下旬になり、気温もだいぶ暖かくなってきましたね。ここ数日は夏のように暑い日も続き、日中は薄着になる機会も増えてきました。だんだん薄着になるにつれてご自身の体型が気になってきた方も多いのではないでしょうか?フィットネスクラブに通っている皆様は筋力トレーニングや有酸素運動など、身体を動かして理想の体型を目指している方は多いと思いますが、今回シェイプナビトレーナーの私がご紹介するのは「食事を良く噛んでゆっくり食べる」食事方法についてです。

「食事を良く噛むと痩せる」という話を聞いた事がある方は多いと思います。良く噛む事で唾液の分泌が多くなり、唾液の分解酵素であるアミラーゼが働いて糖を分解し、血糖値が上昇して脳の満腹中枢が刺激されていきます。これにより食べる量が減り、摂取カロリーを減らす事ができます(ちなみに満腹中枢が脳に届く時間は食事を始めてから約20分後と言われています)。これに対し早食いの人が太りやすい理由は、早く食べる事で満腹中枢が働くまでに時間が掛かるので食事量が多くなり、摂取カロリーが増えてしまうからです。また早食いにより血糖値が急激に上昇し、これを抑えるためにインスリンが過剰に分泌され、その結果として体内に脂肪を蓄積されやすくなるからという事もあります。

あるお笑い芸人の方がお勧めしていたダイエット方法の一つに「カレーなどを食べる時のスプーンを小さくする」というのを紹介されていましたが、これも噛む回数や食事時間と関係していると思います。

ちなみに私はオアシスで勤務を始めた頃から、家で食べるお米は玄米を使っています(玄米だけだと食べにくいので白米も混ぜていますが・・・)。玄米は栄養価が高い事で知られていますが、噛む回数が多くなり、食べる時間がかかると言う点ではダイエットにも効果的と言えるのではないでしょうか。この効果かどうかはわかりませんが、私は当時と現在では体重と体脂肪が共に4キロ減少しました。

皆さんも今年の夏に向けてのダイエットにはぜひ「食事方法」にも意識してみてくださいね。


(長谷川)

画像(1):ご飯には玄米を取り入れています。
※画像撮影者/長谷川
写真:ご飯には玄米を取り入れています。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。