肩こり改善エクササイズ

フィットネス・エクササイズ2020年6月4日

こんにちは!フィットネススタッフの小室です。みなさん、肩こり気になっていませんか?

日常生活でストレスが多かったり、猫背になって姿勢が乱れていたりすると、肩こりになりやすいです。肩こりは身体的に考えると、どういう状態が起きているのかというと、肩や肩甲骨が上に上がって固めてしまっている状態です。

写真:肩こりになりやすい、肩があがってしまっている姿勢です。(おおげさに見せています笑)
画像(1)肩こりになりやすい、肩があがってしまっている姿勢です。(おおげさに見せています笑)

肩が上に上がることで肩と首の間にある僧帽筋上部というところが過剰に使われてしまっています。

今回、その肩こりを防ぐトレーニングを紹介します。5番の背中のマシンを使います。肩甲骨を下に引き下げてから、腕で引くことで肩こりの原因である僧帽筋上部を使わずに、むしろ、肩こり改善のために働く僧帽筋下部というところを鍛えることができます。

写真:いい例(肩を下げて引いています)
画像(2)いい例(肩を下げて引いています)

写真:悪い例(肩が上がったまま引いています)
画像(3)悪い例(肩が上がったまま引いています)

マシンも正しいフォームを意識して行えば、筋肉をつけるだけでなく、姿勢の改善に繋がったりするんです!自分のフォームが正しいか不安な場合はいつでも気軽にフィットネススタッフにお声掛け下さい!!


(小室)

画像(1):肩こりになりやすい、肩があがってしまっている姿勢です。(おおげさに見せています笑)
画像(2):いい例(肩を下げて引いています)
画像(3):悪い例(肩が上がったまま引いています)
※画像撮影者/斉藤
写真:肩こりになりやすい、肩があがってしまっている姿勢です。(おおげさに見せています笑) 写真:いい例(肩を下げて引いています) 写真:悪い例(肩が上がったまま引いています)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。