押す動作と引く動作

フィットネス・エクササイズ2020年10月21日

こんにちは!フィットネススタッフの小室です。今日は『押す動作と引く動作』についてです。結論から言うと、押す動作と引く動作をバランスよく鍛えましょうということです。まず、押す動作と引く動作とは何かというと、押す動作というのは、マシンでいうと1胸のマシンです。

写真:胸のマシンをやる小室
画像(1)胸のマシンをやる小室

また、ベンチプレスなどが当てはまります。
写真:ベンチプレスをやる小室
画像(2)ベンチプレスをやる小室

次に引く動作です。引く動作は、マシンでいうと4背中のマシンです。
写真:背中のマシンをやる小室
画像(3)背中のマシンをやる小室

他には馴染みのある方は少ないかと思いますが、ベントオーバーロウなどの種目が当てはまります。
写真:ベントオーバーロウをやる小室
画像(4)ベントオーバーロウをやる小室

押す動作と引く動作というのはセットでトレーニングを行なうと良いです。なぜかというと、筋肉というのはちょうどいい本来の長さというのがあり、その状態だと一番力が使えて怪我をしにくい状態だからです。なので、例えば、胸だけ鍛えすぎていると猫背になってしまったり、背中だけを鍛えすぎていると、巻き肩になってしまったりと本来の正しい姿勢を崩してしまう可能性があるのです。以上、前を鍛えたら後ろも鍛えるというようなバランスが大切というお話でした!僕も最近筋量アップに励んでいます。一緒に頑張っていきましょう!!


(小室)

画像(1):胸のマシンをやる小室
画像(2):ベンチプレスをやる小室
画像(3):背中のマシンをやる小室
画像(4):ベントオーバーロウをやる小室
※画像撮影者/青木
写真:胸のマシンをやる小室 写真:ベンチプレスをやる小室 写真:背中のマシンをやる小室 写真:ベントオーバーロウをやる小室

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。