これをやればブリッジができる

フィットネス・エクササイズ2020年10月22日

こんにちは!フィットネススタッフの小室です。今日は、「ブリッジ」をできるようになるためのお話です。ブリッジができると何が良いかというお話からしますと、胸反らしができるということなので猫背の改善の一つとなります。また、胸の柔軟性を確保することは腰や首への負担や疲れを軽減する可能性があります。なぜなら、背骨というのは頸椎(首の骨)、胸椎(胸の骨)、腰椎(腰の骨)が繋がってできているからです。さて、ではいきなりブリッジをしたらどうなるかというと、腰を過剰に反りすぎてしまって怪我のリスクがあります。なので、僕のオススメの3ステップをご紹介します。まずはステップ1です。

写真:うつ伏せに寝て胸だけで反らせるようにする
画像(1)うつ伏せに寝て胸だけで反らせるようにする

これは腰を反るのではなく、あくまで胸だけで反ることがポイントになります。次にステップ2です。
写真:先ほどのステップ1から肘を伸ばしていきます。
画像(2)先ほどのステップ1から肘を伸ばしていきます。

この時は腰も反るのですが、意識は胸反らしです。また、お腹が伸びるので腹筋のストレッチとしても効果があります。最近僕は毎日トレーニング前にやっています。最後にステップ3です。ここでは、バランスボールを使います。
写真:バランスボールに仰向けになるだけでブリッジの姿勢を作ることができます。
画像(3)バランスボールに仰向けになるだけでブリッジの姿勢を作ることができます。

ただし、周りが危なくないように広いスペースを確保しておこないましょう。
最後に僕のブリッジを載せておきます。
写真:実は一年前はここまで肘を伸ばせませんでしたので大きな進歩です!!
画像(4)実は一年前はここまで肘を伸ばせませんでしたので大きな進歩です!!

ブリッジができるようになって野球のボールのスピードが速くなった気がしています。胸が動くということは、水泳やゴルフなど様々なスポーツに活きることなのでぜひご自身に合ったステップで試していただければと思います。


(小室)

画像(1):うつ伏せに寝て胸だけで反らせるようにする
画像(2):先ほどのステップ1から肘を伸ばしていきます。
画像(3):バランスボールに仰向けになるだけでブリッジの姿勢を作ることができます。
画像(4):実は一年前はここまで肘を伸ばせませんでしたので大きな進歩です!!
※画像撮影者/青木
写真:うつ伏せに寝て胸だけで反らせるようにする 写真:先ほどのステップ1から肘を伸ばしていきます。 写真:バランスボールに仰向けになるだけでブリッジの姿勢を作ることができます。 写真:実は一年前はここまで肘を伸ばせませんでしたので大きな進歩です!!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。