自分を見つめる

フィットネス・エクササイズ2021年1月24日

六月〜九月の三ヶ月間、体脂肪を15%から12%に落す目標を立てました。
しかし、結果は14%・・・約1%しか落す事が出来ませんでした。納得はしています。
実はこの所、誘惑に負けて甘い物や揚げ物を食べたりトレーニングをおろそかにしたりと、原因は山済みだからです。気が付けば十代の頃のがむしゃらさを無くしていました・・・。
そこで、一度周りと自分を見つめ直す事にしました。

周りの会員様達は、忙しい中にも関わらず、仕事帰り等の時間を見つけてトレーニングをしています。その姿に私はとても刺激を受けました。

自分を見つめ直すと、高校時代はサッカー部に所属していた私。練習は長距離、階段登り、ゲーム形式の練習等、自分もチームもただ強くなる為に練習に励んでいる姿を思い出しました。
その中でも印象深かったのは「サーキットトレーニング」です。
サーキットトレーニングとは、筋肉トレーニングと有酸素を交互に行い、脂肪燃焼・筋持久力向上・心肺機能向上を目的とするトレーニングです。
一定の時間その場で有酸素(走るor歩く)、次は一定の回数を筋トレ(プッシュアップor腹筋)それをひたすら行っていきます。
強度が高すぎる場合は、筋トレの回数を減らしたり歩いたりして調節もできます。有酸素運動に飽きてきたら、足をクロスするシザースやモモ上げ、サイドステップ等バリエーションも豊富なのでとてもオススメです。

もう一度気合を入れ、トレーニングに励んでいこうと思います。自分が甘えているオーラが出ていたら、すぐにでもお声掛け下さい!


(山崎)

画像(1):がむしゃらに有酸素
画像(2):がむしゃらに筋トレ
画像(3):がむしゃらだったあの頃(笑)
※画像撮影者/山崎の友人
写真:がむしゃらに有酸素 写真:がむしゃらに筋トレ 写真:がむしゃらだったあの頃(笑)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。