フロートスイム体験会

店舗イベント2020年10月22日

イベント参加人数

7名

7月10日から始まる短期スイミングスクール「フロートスイム」の体験会を行いました。このフロートスイムとはウエットスーツを着て泳ぎを覚えるオアシス初の試みで、水泳初心者の方によくある「腰が下がる」という状態をウエットスーツの浮力を活かして腰の位置を上げ誰でもきれいな「けのびの姿勢」を取ることができるという特徴があります。

当日は7名の方が参加され、前半は通常の状態で「けのび」や「ビート板キック」クロールを泳ぎ、後半はウエットスーツを着て「けのび」「ビート板キック」などを行いました。

写真:ウエットスーツを着ます。
画像(1)ウエットスーツを着ます。

ウエットスーツは水の中の方が着替えやすいのです。

写真:かっこいい姿です。
画像(2)かっこいい姿です。

かっこいいです。

普段は腰が下がり気味な方もウエットスーツの浮力で腰の位置があがり楽に泳げるようになっていました。特にビート板キックでは力を入れなくても腰が上がるので息が上がらずにキックが出来るためで皆さん驚かれているようでした。

写真:宇宙遊泳をしているように浮きます。
画像(3)宇宙遊泳をしているように浮きます。

ずーと浮き続ける事が出来ます。

写真:腰が上がっているのでビート板キックも疲れません。
画像(4)腰が上がっているのでビート板キックも疲れません。

力まずキックが出来ます。

写真:最後は全員で輪になりました。
画像(5)最後は全員で輪になりました。

全員で輪になりました。

水泳が苦手な方、何十年ぶりに泳ぐ方ほどウエットスーツの浮力の効果が出ますので興味のある方はぜひ次回の体験会にご参加ください。


(菅)

画像(1):ウエットスーツを着ます。
画像(2):かっこいい姿です。
画像(3):宇宙遊泳をしているように浮きます。
画像(4):腰が上がっているのでビート板キックも疲れません。
画像(5):最後は全員で輪になりました。
※画像撮影者/菅
写真:ウエットスーツを着ます。 写真:かっこいい姿です。 写真:宇宙遊泳をしているように浮きます。 写真:腰が上がっているのでビート板キックも疲れません。 写真:最後は全員で輪になりました。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。