お腹を凹ます簡単なエクササイズ!

フィットネス・エクササイズ2021年4月19日

皆さんは「ドローイン」という言葉、聞いたことはありますか?
「ドローイン」とは英語の「Draw In」のことで「引き込む」という意味です。きついズボンを履くときにお腹に力を入れてグっと引き上げてへこましたことありますよね?実はこの状態を約20〜30秒ほど維持するだけで、お腹の周りの脂肪がつきにくくなり、気になるお腹をへこませることができるのです。

こんな単純な動作でなぜお腹をへこますことができるのでしょうか?

ドローインのという動作はお腹周りの筋肉と、背中の筋肉を必要とします。これらの筋肉には、腹横筋、腹斜筋、腹直筋、脊柱起立筋、腸腰筋、僧帽筋、広背筋などが含まれます。これらの筋肉は主に体幹部の筋肉になります。

日常生活ではなかなか使われない筋肉です。ドローインというお腹をへこます作業ではこれらの筋肉を総動員しないと出来ないのです。

ドローインという動作は、座っていても、寝ながらでも、立っていてもどこでも可能です!
しかしながらお腹をへこませた状態で呼吸をしないといけないのでちょっと大変です。ためしに一度、背筋を伸ばした状態で20〜30秒ほど、ドローインの動作を行ってみてください。きっとお腹の周りの筋肉に効いてくるはずです!

ドローイン動作のポイント

1.背筋をまっすぐに伸ばします
2.お尻の穴をキュッと締める
3.肩を後ろに引くような意識で
4.へそを中心にお腹全体をへこませるように

この4つを意識しながら行ってみてください。
きっと皆さんが気になるお腹をへこませることができるでしょう!
翌日は筋肉痛になるかもしれませんね!


(広瀬)

画像(1):通常のお腹
画像(2):ドローインを行ったお腹
※画像撮影者/青木
写真:通常のお腹 写真:ドローインを行ったお腹

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。