えのきだけをおいしく調理して、疲労回復に役立てよう!!

食事・栄養・レシピ2011年4月19日

気温も少しずつ上がり、過ごしやすい日々が続きますが、皆さまいかがお過ごしですか?先日、八百屋さんでえのきを安くたくさん買うことができました。今日は、えのきの調理方法や効能について紹介したいと思います。皆さんは、いつもえのきをどのように調理していますか?お鍋、お味噌汁、野菜炒め・・・なかなか単品で、えのきそのものを頂くことなどないのではないでしょうか?

えのきには、ビタミンB1・B2、食物繊維などの栄養成分が含まれています。疲労回復、免疫力強化に役立つビタミンB1の含有量は、その他のキノコ類の中でもトップを誇っています。

私は、買ってきた大量のえのきをご飯のお供にしようと、えのきの佃煮を作りました。2センチ程に切ったえのきを、お醤油と砂糖とお酒、みりんで煮詰めていきます。保存料も添加物も入っていない、オリジナルです!!

ほかほかのご飯にのせて頂くと、お箸が進みますよ!
えのきの消費に迷ったら、是非佃煮を作ってみてはいかがでしょうか?


(池田)

画像(1):おいしそうなえのきの調理です
画像(2):えのきを煮詰めていきます
画像(3):えのき佃煮でご飯が進みます!!
※画像撮影者/池田
写真:おいしそうなえのきの調理です 写真:えのきを煮詰めていきます 写真:えのき佃煮でご飯が進みます!!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。