白湯で健康に

健康2020年10月3日

暑い夏を乗り越えたら今度は肌寒い季節になりました。
秋冬と言えば「乾燥」が1番に思い浮かぶかと思いますが実は夏から続くものもあります、それは「脱水症状」です。秋冬でも気づかない間に体の水分は蒸発しています。

「乾燥対策」として白湯が良いと聞くかと思いますが実は「脱水症状対策」にもオススメです。普通の水だと冷たく体への負担が大きいですが白湯だと負担が少なく体を温めることも可能です。さらに体が温まると血流も良くなり基礎代謝も上がると言われており、基礎代謝が上がると脂肪燃焼の効果が上がるため痩せやすくなるそうです。「乾燥対策」「脱水症状予防」をしながら痩せやすくなる、一石二鳥です!

毎日続けたいけど飽きてしまうかも、そんな不安がある方に飽き性な私でも続いているアレンジをいくつかご紹介させていただきます。分量は目安になっていますので、ご自身の好きな味を探してみてください。

■ハチミツ白湯
白湯(150ml)にハチミツ小さじ1〜2
ハチミツには脳を活性化させると言われるブドウ糖が含まれています。また喉にも優しいので喉が痛む時にもオススメです。

■レモン白湯
白湯(150ml)にレモン果汁大さじ1
レモンに含まれているソラレン成分は、紫外線を吸収しやすくしメラニンの生成を促すと言われています。美白を気にする方は夕方以降に飲むのがオススメです。

■ココア白湯
白湯に大さじ1/2〜1
ココアにはポリフェノールや食物繊維が含まれ冷え性改善の効果もあります。シェイプアップを目指す方は砂糖やミルクが含まれない純ココアがオススメです。


(田中)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。