プロテインで身体づくり

健康2020年10月21日

まだまだ厳しい寒さが続きますが、皆様いかがお過ごしですか?
今回は「プロテイン」についてご説明します。

プロテインは「タンパク質」のことです。「タンパク質」とは三大栄養素の1つで肉や魚、大豆に含まれています。身体を作っている成分の中で2番目に多いのが「タンパク質」で、筋肉や内臓など身体を作るのに必要な成分です。
タンパク質の1日の摂取量の目安は、トレーニングしている方だとおよそ「体重×1.3」グラムになります。
お肉100グラム当たりのタンパク質の量は約15グラムで、納豆であれば1パック約8グラムです。このように考えると1日の食事の中でタンパク質を摂りきるのは難しいですよね?そこで「プロテイン」が必要になります。プロテインでは食事で摂りきれなかったタンパク質を補うことが出来ます。1日に必要なタンパク質をしっかり摂り、理想の身体を目指しましょう。「ゴールデンタイム」と言われる運動後30分以内にプロテインを摂取するのが理想のタイミングです。
プロテインを飲んでいれば筋肉がつく!というわけではないです。また、お肉より太りにくいですが食べ過ぎては太ります。きちんとしたトレーニングが重要になるのでしっかりトレーニングしましょう。

私は今まで、プロテインを飲むのに抵抗感がありました。「飲んだらゴリゴリに筋肉がついてしまうのではないか」、「女性なのに飲んでいる人いるのかな」と考えていたからです。
しかし、トレーニングをしていてもなかなか筋肉がつきませんでした。今後はプロテインを飲んで理想の身体を目指していこうと思います。プロテインは飲むものだけでなく、プロテインバーなど手軽に食べられるものもあるので皆さんも試してみてください。そして飲んだ感想を一緒に共有しましょう!
「何を買えばいいのか」、「どんな種類があるのか」などいろんな疑問点があると思います。気軽にスタッフにお訪ねください。


(飯田)

画像(1):プロテインで逞しい身体に
画像(2):女性でも飲んでいます。トレーニング大事です。
※画像撮影者/飯田
写真:プロテインで逞しい身体に 写真:女性でも飲んでいます。トレーニング大事です。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。