泳ぐ時にはドローイン

フィットネス・エクササイズ2012年5月28日

私は20年以上水泳をやっています。みなさんに何も意識しなくても自然に泳げるでしょ?と言われますが、実はオアシスで泳ぐ時には見られてるという意識があり、相当フォームを気にしながら泳いでいます。長距離を泳ぐことが多いので、少し気を抜くとすぐに自分の泳ぎやすいフォームになってしまいます。なので、普段レッスン中に見ている泳ぎとは少し違うかもしれません。

そして、私が指導を行うようになって気がついたことが1つありました。それは、泳いでいる時、常にドローインをしていることです。ドローインはお腹をへこませるという意味で、身体のコア、体幹を鍛えます。

ドローインを日常から意識していると、お腹周りのお肉もおちやすくなりますよ。私はいつからそうなったのか記憶にありませんが、気づいたら勝手にお腹がへこんだ状態で泳いでいました。ドローインをして体幹でしっかりバランスをとれれば、姿勢がよくなり、無駄な抵抗が減らせて楽に泳げます。まずは、呼吸が止まらずにお腹がへこませるよう練習してみましょう。


(飯沼)

画像(1):体が水平になるように浮きます
画像(2):背泳ぎでもドローインした状態で泳ぎます
※画像撮影者/今井
写真:体が水平になるように浮きます 写真:背泳ぎでもドローインした状態で泳ぎます

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。