BLS講習会

Charities(VILLAGE)2016年2月23日

イベント参加人数

5名

BLSとは一次救命処置の略称で、目の前で誰かが倒れたとき、救急隊や医師に引き継ぐまでの間に行う応急処置のことです。

講習会では、傷病者を発見してから救急隊に引き継ぐまでの流れを確認し、実際に胸骨圧迫までの練習とAEDの使い方の確認を行いました。

写真:オアシスでは継続して講習会を実施していきます。
画像(1)オアシスでは継続して講習会を実施していきます。
写真:AEDの使い方も行いました
画像(2)AEDの使い方も行いました

「こんなに力が必要だと思わなかった!」「AEDの中を初めて見ました!」というお客様のお声のとおり、実際に目にしたことはあっても、実際に自分がその場に立ち会ったときにどうすればいいかまではご存知ない方が多いと思います。目の前で誰かが倒れたときとっさに行動するためには、常日頃から意識を高く持っておくこと、いつでも一次救命処置ができるように訓練しておくことが必要です。

もしものとき、目の前の人の命を助けるために行動できる方をもっともっと増やすため、オアシスでは継続して講習会を実施していきます。


(小園江)

画像(1):オアシスでは継続して講習会を実施していきます。
画像(2):AEDの使い方も行いました
※画像撮影者/小園江
写真:オアシスでは継続して講習会を実施していきます。 写真:AEDの使い方も行いました

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。