DHAとEPAとは!

食事・栄養・レシピ2021年7月27日

今回はDHAとEPAという栄養素についてお伝えします。DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は青魚などに含まれる栄養素です。体内で合成することが出来ないので食事などから摂取しなければならない脂肪酸(必須脂肪酸)です。この栄養素を継続して摂取すると体に対してたくさんの恩恵が受けられます。

まずDHAは暗記力(記憶力の向上)、動脈硬化の予防、高脂血症の改善、高血圧の抑制、抗アレルギー、アトピーの改善などです。EPAは血液粘土の低下(ドロドロ血液を解消)、HDLの増加(善玉コレステロール)、視力の向上などです。

DHAとEPAともに1日の摂取量は1〜2グラムで、魚だとイワシ一匹ぐらいになります。自分も出来るだけ魚は食べるようにはしていますが、毎日はさすがに無理なので毎日サプリメントで足りない分は補っています。みなさんもDHAとEPAをしっかり摂取しましょう。


(松浦)

画像(1):毎日飲んでるDHA&EPAのサプリメントです。自分の血管の中を掃除してくれます。
※画像撮影者/松浦
写真:毎日飲んでるDHA&EPAのサプリメントです。自分の血管の中を掃除してくれます。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。