足裏リフレクソロジー

健康2015年2月10日

皆さんは日常生活で、どれくらい足裏を意識していますか?私は温泉に置いてある足ツボ刺激ボードや青竹で痛い思いしたことがあります。そんな足裏の上手な使い方が、トレーニング効果UPや美脚に繋がるそうです!

足裏には約60の重要なツボが集まっており、第二の心臓と呼ばれています。

リフレクソロジーは、reflex(反射)tology(学)という2つの英単語から成っています。足裏を刺激すれば全身に効果が出ることから、足の裏は「体の地図帳」とも表現されています。

足ツボを押して痛みを感じる度合いは人それぞれですが、他の部分より痛みを強く感じるツボがあれば、その臓器・部位は弱っている、もしくは疲れている可能性が高いようです。

また、足裏のゴリゴリは、身体の尿酸や乳酸といった老廃物の固まり。この老廃物をほぐして、代謝を促進させることが足裏リフレクソロジーの目的です。

足は、心臓から最も遠い所にあり、心臓の働きだけでは血液が十分に行き届かないため、それを助けるポンプの役割をしているのが歩行です。歩く時に正しい足裏の使い方をすると、変に力が入らずXO脚も防ぐことができます。

是非、普段の生活や運動で足裏を上手に使えるようにしてみてくださいね!

写真:美体塾を担当している田中絵理子トレーナー直伝のスーパーボールマッサージ。それから5本指ソックス。
画像(1)美体塾を担当している田中絵理子トレーナー直伝のスーパーボールマッサージ。それから5本指ソックス。


(小森)

画像(1):美体塾を担当している田中絵理子トレーナー直伝のスーパーボールマッサージ。それから5本指ソックス。
※画像撮影者/小森
写真:美体塾を担当している田中絵理子トレーナー直伝のスーパーボールマッサージ。それから5本指ソックス。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。