「今日のお話」 〜誰が何キロ挙げるかよりも誰がどれだけ頑張ったか〜

フィットネス・エクササイズ2012年3月3日

前回に引き続き「ベンチプレス」ネタになりますが、いま雪谷店スタッフの間でベンチプレスの1RM測定会(ベンチプレス祭2012)を実施しています!

「RM」とはrepetition maximumの略で、「〜回挙上できる最大重量」のこと。つまり「1RM」とは「1回挙げられる最大の重さ」ということ。よく「ベンチプレスのMaxは何キロ?」という会話を耳にすることがありますが、あれは厳密に言うと「ベンチプレスの1RMは何キロ?」ということになります。

話を本題に戻します!いま行っている1RM測定会では、まず2月中にベンチプレスの測定を行い、1ヶ月後にもう一度測定をします。そこで、1ヶ月間でどれくらい挙上重量が伸ばせるか?ということと、体重比で一番挙げられるのは誰か?というのを競っていて、いま事務所内には、これに参加しているスタッフの記録と体重を一覧表にして貼り出しています。というわけで、現在雪谷店スタッフはベンチプレスの重量を少しでも伸ばそうとトレーニングに励んでいます。

実は、私は2月の測定で105キロだったのですが、久しぶりの1RM測定ということで、力んでしまったのか、フォームを崩し、肩を傷めてしまいました。ちょっとおかしいなと思ったんですが、次の110キロに挑戦した際に、完全に傷めました。情けない・・・

このベンチプレス祭の企画者であるスタッフの平山は「誰が何キロ挙げるかよりも、誰がどれだけ頑張ったかの方が重要!」と言っています。その通り!私もそう思います。お客様にトレーニングを啓蒙すべき立場であるフィットネスクラブのスタッフとして、自身が目標を持ってトレーニングを実践し、目標をクリアするということはとても重要な事。私も平山や他のスタッフに負けずに頑張りたいと思います!まずは肩のケアか・・・


(石垣)

画像(1):いま事務所内に貼ってあるベンチプレスの記録一覧表。トップはパーソナルトレーナーの川村、体重68キロで記録が120キロ!
※画像撮影者/石垣
写真:いま事務所内に貼ってあるベンチプレスの記録一覧表。トップはパーソナルトレーナーの川村、体重68キロで記録が120キロ!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。