「今日のお話」HFJ2012

フィットネス・エクササイズ2012年6月20日

今日は、HFJに行ってきました。HFJはHealth Fitness Japanの略で毎年この時期に行われているフィットネスのコンベンションです。私は新しいトレーニング器具を見たり、普段会えない友人と会って話を聞くのが楽しみで毎年行きます。

各社のブースを一通り回りましたが、TRXのブースで色々なトレーニングを紹介していただきました(昨年と同じ・・・)。TRXはサスペンションを使ったトレーニングで、元々はアメリカ海軍特殊部隊が使用していたトレーニングツールのようです。アメリカでは屋外で使ったりするそうです。

写真:TRXでのプルアップ。
画像(1)TRXでのプルアップ。

これは「40-40」というプッシュアップとプルアップを40回ずつ行うものにチャレンジしたところ。プッシュアップは余裕を持ってクリアしたものの、プルアップで20回過ぎたところでがくっときつくなり、クリアできませんでした。負荷は自分の体重なので、それを引き上げられないのは情けない・・・やっぱ背中が弱いなと実感しました。トレーニング頑張らないと・・・

写真:私の隣は「Rip Trainer」の考案者Pete Holman氏、その隣はオアシスの稲田、一番左はTRXトレーナーのTravis Johnson氏。
画像(2)私の隣は「Rip Trainer」の考案者Pete Holman氏、その隣はオアシスの稲田、一番左はTRXトレーナーのTravis Johnson氏。

私の隣は「Rip Trainer」の考案者Pete Holman氏、その隣はオアシスの稲田、一番左はTRXトレーナーのTravis Johnson氏。

Rip Trainerはバーにラバーのロープがついているようなものですが、立位でスイング動作やロウイング動作などを行えるもので、なかなか面白いものでした。画像がなくてすみません・・・


(石垣)

画像(1):TRXでのプルアップ。
画像(2):私の隣は「Rip Trainer」の考案者Pete Holman氏、その隣はオアシスの稲田、一番左はTRXトレーナーのTravis Johnson氏。
※画像撮影者/稲田
写真:TRXでのプルアップ。 写真:私の隣は「Rip Trainer」の考案者Pete Holman氏、その隣はオアシスの稲田、一番左はTRXトレーナーのTravis Johnson氏。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。