クロールのキックの大切さ

フィットネス・エクササイズ2015年6月18日

梅雨の季節になりました。ジメジメ憂鬱な気分を吹っ飛ばす為にプールで泳いでみませんか?身体も気持ちもスッキリします。今回は苦手な方が多いクロールのキック(足の動き)についてお話しします。

よくプールでレッスンを担当していると「バタ足は進まないし、沢山動かすと疲れるから嫌い!」という方や「足を動かした方が進まないから動かさない!」という方にお会いします。しかしキックはコツを掴めば「プル(手のかき)」の手助けになりますし、身体を浮かせるためのツールにもなります。更に何と言っても「呼吸(息継ぎ)」が楽に行うことが出来るようになります!これからキックのコツをお伝えしますので是非練習をしてみて下さい!

キックで重要なのは、足の動かし方と足の力の入れ方です。まずは動かし方のポイントをご説明します。

よく見かけるのが、膝から下しか動いていないキックです。図1のこのキックでは水に当たる面が少ないので、進みが悪いですし空気を蹴ってしまい更に効率が悪くなってしまいます。しかも呼吸をすると腰が反りやすくなるので、ストリームライン(浮く姿勢)が崩れ空気が吸えません。膝から下ではなく、足の付け根から動かしていきましょう。更に言えばおへそから足がはえているイメージでおへそから動かします。図2・3そうすることで、水に当たる面が大きくな防ぐことが出来るので呼吸がしやすくなります。

続いて、力の入れ方です。上記の付け根から動かす方法でキックをすると最初はどうしても足全体に力が入りやすくなります。力が入り過ぎてしまうと足から沈んでしまいます。沈むのを防ぐために足全体を鞭のように動かしてみましょう。力を太もも、膝、足先へと伝えるように動かしていきます。

何となく出来るような気がしてきたでしょうか?クロールの場合、推進力は「プル(手のかき)7割・キック(足の動き)3割」といわれてます。しかし私はどちらかというとキックが好きです。身体の繋がりを意識しキックを入れながらクロールを泳ぐことでバランスがとれた泳ぎに近づきます。

キックは辛いものではなくより楽に速く泳げる手助けをしてくれます。この夏はしなやかなキックを手に入れて楽しく泳ぎましょう!


(宮澤)

画像(1):図1
画像(2):図2
画像(3):図3
※画像撮影者/原
写真:図1 写真:図2 写真:図3

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。