フィットネススタッフの筋トレ事情

フィットネス・エクササイズ2016年2月1日

みなさんは普段なにを意識してトレーニングに取り組んでいますか?

私は、4年ほど前からプロレス観戦に熱中しています。最近はTVで観戦する機会が多いですが、会場での生観戦に勝る興奮はありません。また、時間を作って足を運びたいものです。

試合や、選手の背景など、プロレスにはたくさんの魅力が詰まっています。とりわけ、プロレスラーの肉体は一般のそれを大きく凌駕し、ひとつの象徴として大衆の目を引き付けます。

「あんなカラダになりたい」

トレーニングの原動力は「憧れ」です。今の様なレジスタンストレーニングを始めたのは7年前ですが、プロレスラーの様な肉体を手に入れたいと思ってから、より楽しく取り組めるようになりました。

特に最近凝っているのはチンニング(懸垂)です。現在、体重を増やしながらトレーニングをしているのですが、そうした内容に傾倒していると、つい自体重をコントロールする種目を疎かにしてしまいます。苦手意識を作らないことも、大切な要素です。

トレーニングを重ねた先にあるイメージをしながら、是非みなさんも取り組んでみてください。


(小林)

画像(1):チンニングフォーム
※画像撮影者/島田
写真:チンニングフォーム

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。