女性にもオススメ「デットリフト」

フィットネス・エクササイズ2016年8月5日

女性は敬遠しがちなフリーウェイトですが、ボディメイクする為の必要な筋肉を鍛えることができます。鍛えられる場所以下の通りです。

・脊柱起立筋 (背中の綺麗な縦ラインを作れる。)
・広背筋(引き締まってメリハリのある背中になる。)
・大臀筋 (ヒップアップする。キュッと丸みのあるお尻を作れる。)
これらの筋トレはこんな方にオススメです。

・スクワットだとモモの前側にきいてしまって、モモが太くなってしまう方
・ダイエットをしている方
・パンツスタイルをカッコよく履きこなしたい方 

大腿四頭筋よりも大臀筋や太もも裏の筋肉に負荷をかけることができて、前モモが太くなるのを抑えながらヒップアップトレーニングができます。身体の大きい部分の筋肉を一度に使え、重いウエイトを扱うため、消費カロリーも高いです。ウエイトトレーニングで成長ホルモンの分泌も促進するので、脂肪燃焼効果も高いです。デッドリフトによって多くの筋肉が発達すれば、基礎代謝も上がります。ダイエットにもピッタリのトレーニングです!

今回はスミスマシンを使用したやり方をご案いたします。

1.足は腰幅に広げてバーベル前に立ちます。
2.背中を伸ばしたまま、膝をバーベルより前に出さず、お尻を後ろに突き出して、ひざを軽く曲げ、足幅より広めにしてバーベルを持ちます。
3.背中を伸ばしたまま上体を起こしていきます。このとき、胸を広げ肩甲骨を狭め、膝を伸ばします。
4.背中は伸ばしたまま(反らないように注意して)、お尻を突きだして、膝を曲げてバーベルをゆっくりおろしていきます。※10回×3セットを目安に行っていきます。

最初は軽い重さでフォームチェックをして、お尻や背中を使う意識をしてみて下さいね。

お尻は年齢問わず、鍛えれば引き上がります。筋肉が多い部分なので鍛えれば効果が出やすいパーツなので、季節問わず行っていきたいですね。私もお尻のトレーニングは週2~3日は欠かさず行なっています!筋肉も増えると身体の冷えも改善されるので是非チャレンジしてみて下さい!


(志村)

画像(1):デットリフトにチャレンジしてみましょう!
※画像撮影者/志村
写真:デットリフトにチャレンジしてみましょう!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。