ストレッチにはトレーニング!

フィットネス・エクササイズ2019年2月7日

こんにちは。スタッフの藤田です。私は身体が硬いです。いつも「ストレッチを頑張りたい!」と思っています。「身体を柔らかくしたい!」と思った時、ストレッチをすると思いますが、硬くなった筋肉をほぐすには「筋トレがいい」ことをご存知ですか?

筋肉には「自動抑制(じどうよくせい)」と「相反抑制(そうはんよくせい)」というものがあります。自動抑制とは「筋肉は収縮したあと、弛緩しやすい」というもの。筋トレした後、筋肉は緩みやすいという事ですので、トレーニング後にストレッチをしましょう!写真は太ももの裏のストレッチです。

写真:
画像(1)

相反抑制というのは「ある筋肉が収縮中、その拮抗筋は緩みやすい」というもの。緩めたい筋肉の反対側(拮抗)の位置にある筋肉をトレーニングすると、緩めたい筋肉がストレッチされます。たとえば太ももの裏(ハムストリングス)が硬い方は太ももの前(大腿四頭筋)をトレーニングするのがおススメです!

「筋トレ後のストレッチ」「柔らかくしたい筋肉の拮抗筋トレーニング」で、しなやかな身体を手に入れましょう!


(藤田)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。