ロッカー入口の絵画

フィットネス・エクササイズ2008年12月29日

先日の年末大掃除を実施した時に発掘された説明書を元にご案内したいと思います。
第二弾の今回はロッカールームの入り口に設置されている絵画についてです。
この絵画は戦後アメリカで活躍した芸術家マーク・ロスコ(1903-1970)によって描かれた抽象絵画です。
オレンジの色調をメインとして「人生の幸福な側面」を表しているとロスコは語っています。
この色彩バランスのように「幸福感」が溶け出すような心と体のボディーバランスを保って頂きたいと願い掲示してあります。
運動を始める前、終えた後にこの絵画をご覧になって心地よい気分に浸って頂ければと思います。
余談ではありますが、ロスコの作品だけで展示構成された展示室をもつ贅沢な美術館が世界で二ヶ所だけあります。イギリスのテート美術館と、千葉の川村美術館です。
もし機会がありましたら(イギリスは遠いですが・・・)足を運んでみてはいかがでしょうか?
(盛)

画像/ロッカールーム入口の絵画
※画像撮影者/盛


()
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。