体重停滞期

フィットネス・エクササイズ2012年7月5日

梅雨も折り返しの頃となりました。まだまだ真夏には遠いですが海やプールにいく準備としてダイエットを始めた方もいらっしゃると思います。ダイエットスタート時には順調に体重が減少していくので頑張って運動を続けられると思いますが、あるとき急に体重が全く減らない、動かなくなった、という方は多いと思います。

ダイエットをしていて誰でもぶつかる大きな壁、それが体重停滞期です。人間の体には今の状態を出来るだけ維持しようとする性質があります。その名を「ホメオスタシス」と言います。

ダイエットで食べる量を減らしたり、運動で消費カロリーを増やしたりすると、体にたくわえていた脂肪をエネルギーとして使うのですが、ある一定のところにくると体がこれ以上減ると死んでしまう!と危機感を感じ最小限のエネルギーで維持しようと勝手に調節していくのです。これがいわゆる体重停滞期です。

このまま同じように運動を行っても変わらないので停滞期に入ったなと思ったら、いつもと違う部位のトレーニングをする、重さを変えるなど変化をつけましょう。体をマンネリ化させない事が停滞期を脱出するひとつのキーワードになります。

あきらめず運動を続けていく事で体重はまた動き始めると思います。ストレスをためず楽しくダイエットを行ってくださいね。夏に向けてがんばりましょう。


(増尾)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。