花の効果

健康2020年10月21日

バラが美しく咲く季節ですね!
見ているだけで、穏やかな優しい気持ちになり、とても幸せな気分になります。

写真:私が1番好きな色のバラです。
画像(1)私が1番好きな色のバラです。

フラワーセラピー(花療法)というものがあって、生花を見るとアルファ波が増してストレス解消・脳の活性化・免疫力の向上などの効果があるそうです。
そして花の種類、色などによっても様々な効能があるようです。

確かに花や観葉植物があるだけで心が癒されたり、蒸散される水分やマイナスイオンによってなのか、空間が潤って浄化される感じがしますよね。

私はお花屋さんの前を通ると200〜300円程度の花束があるか探し、好きな花でなおかつ状態の良いものがあれば買って帰ります。
あと、ケースの中に心惹かれる花があったら、1本だけ買うこともあります。
うれしい時や楽しい時はもちろん、穏やかになれない時や、落ち込んだり気分が沈んだりした時、ぜひ家に花や観葉植物を飾ってみてください。
きっと、そこにいる人の心や体が元気になるように、静かに優しく支え、応援してくれると思います。


(吉田)

画像(1):私が1番好きな色のバラです。
※画像撮影者/吉田
写真:私が1番好きな色のバラです。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。