夏は背中を意識しよう!

マネージャーのヒトリゴト2020年8月14日

近畿では梅雨の真っ最中ですが、梅雨が明けたら夏本番です!

薄着の季節だからこそ、自分の目ではなかなか確認できない背中を意識して鍛えておく事が大切です。

客観的に見えないからこそ、他の部位のトレーニングより筋肉を動かす意識が重要で、その為には肩甲骨をしっかり動かす事が効果を引き出す大きなポイントです。

まずは肩甲骨を前後に動かすロウイングのマシンから。

背中をストレッチするように腕を伸ばす事により肩甲骨を広げます。

写真:
画像(1)

そこから、肩甲骨を寄せるようにして肘を引き寄せてきましょう。
写真:
画像(2)

背中にシワを作るように引けると、それだけ筋肉も動いてくれます。

ポイントはしっかり胸を張っておくことです。

続いてラットプルダウン。

バンザイのように腕を伸ばし、バーにぶら下がるようなイメージで肩甲骨を上に引き上げましょう。

写真:
画像(3)

そして、肩甲骨を下げながら肘を真下に下ろすイメージで引っ張ります。
写真:
画像(4)

ここでもポイントは胸を張って、バーを胸に引き寄せるようにすると背中を意識しやすくなります。

肩甲骨を動かすだけでも、十分背中の引き締め効果は出てきますので、こういった種目を優先してトレーニングを頑張ってみましょう。

最後は、有酸素運動で脂肪燃焼!

写真:
画像(5)

筋トレの後に有酸素運動を行う事で、より脂肪燃焼は効率的に行えます。

夏目前、見えない背中をキレイにカッコ良く仕上げましょう!


(稲田)
写真: 写真: 写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。