ダイエットと食事

ダイエット・美容2021年1月6日

皆様、年末年始はいかがお過ごしでしたか?

年末年始の食事で体重が増えていませんか?
1月はダイエットに関するお悩みをお持ちの方が多い印象です。
そこで、今月はダイエットについて解説します。

ダイエットで重要なのは、運動・食事・睡眠(休養)ですが、この中でも食事は最も重要な要素と言っても過言ではないでしょう。
運動や睡眠は基本的に1日1回ですが、食事は基本的には3食ですよね?
1日に3回も痩せるチャンスがあるのですから、正しい方法を実践していきましょう。

特に重要なのは以下の3点です。

【血糖値の上昇を抑える】
食事をすると血糖値が上昇します。すると血糖値を下げる「インスリン」というホルモンが分泌されます。
インスリンは血糖値を正常に保つために必要不可欠なホルモンですが、過剰に分泌されると体脂肪を増やす要因になってしまいます。
それを防ぐためには、食後血糖値の上昇を穏やかにする必要があります。
方法は簡単です。

1,食物繊維が豊富な野菜から食べ、糖質が多い食品は最後に食べる。
2,白米やパン等の精製された食品を他の食品に置き換える(発芽玄米や全粒粉のパン、冷やしたサツマイモ、オートミールなど)

【食事回数を増やす】
初めに食事は1日3食と触れたのですが、食事回数は可能なら増やしましょう。
可能なら5〜6食が理想です。
血糖値の上昇や食欲を抑えられ、空腹感も感じにくいです。
勿論、1日の総摂取カロリーを増やしてはいけません。少量をこまめに摂ることがポイントです。食べ物の消化にもカロリーを消費するので楽をしてダイエットができます。

【タンパク質を十分に摂る】
ダイエット後のリバウンドは、脂肪だけでなく筋肉まで大きく減ることで基礎代謝が低下してしまうことが原因の一つです。
しっかり運動して、筋肉の材料となるたんぱく質を十分に摂りましょう。

長くなりましたが、上記のポイントを抑えるとダイエットの成功がぐっと近づきます。
ただし、日々の運動や体重管理が重要なのは言うまでもありません。
また、体質には個人差が大きく、今回ご紹介した方法が当てはまらない方もいらっしゃいます。
共通して気を付けないといけないことは、特定の食品ばかりを食べるダイエットです。
どれだけ優れた食品でも食べ過ぎれば健康へのデメリットが生じます。
昔からよく言われていますが、バランスの良い食事を心掛けましょう。
よりパーソナルな内容が知りたい!等のご要望があれば、お気軽にご相談ください。

スタッフ一同、皆様のご来館を心よりお待ちしております。


(矢之高)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。