知られざるビタミンDの力

健康2021年6月25日

皆さんは「ビタミンD」の役割をご存知でしょうか?

よく知られているのは、骨を丈夫にする働きだと思います。
骨は身体を支える柱としての機能があります。ビタミンD不足により骨が脆くなるというのは、想像よりずっと恐ろしいものなのです。

また、近年では免疫力の向上や骨格筋機能(運動パフォーマンス)にも関係があることも分かってきました。
現代人はビタミンDの摂取量が足りていない傾向があります。
過剰摂取は問題ですが、適度に意識しましょう。

【ビタミンDの効率的な摂り方】

(1)ビタミンDが多く含まれている食品を食べる
卵や魚(鮭や秋刀魚)やキノコ類に多く含まれています。

(2)日光浴をする
起床後の20分程度のウォーキングがおすすめです。
少し専門的な話になりますが、ビタミンDは紫外線B波(UVB)を浴びることで活性型のビタミンDになり、代謝に寄与します。
UVカットの化粧品などを多用するとUVBの照射量が足りなくなるリスクがあります。
もちろん肌へのダメージも考慮すべきですが、何事もほどほどにして日光と上手く付き合うことを心掛けましょう。

栄養学は日進月歩です。数年後には未知の栄養素や働きが発見されているかもしれません。昔から言われていることですが、「バランス良く食べる」が大切です。特定の食材に偏らないようにしましょう。


(矢之高)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。