背中を鍛える

フィットネス・エクササイズ2020年10月23日

こんにちは。フィットネススタッフの豊泉です。
今回はラットプルダウンの使い方を紹介します。

皆さんはラットプルダウンを使っている時に、どこの筋肉を意識して使っていますか?
答えは背中の筋肉です。お客様から肩や腕にきいていると耳にするため今回は正しいラットプルダウンの使い方を説明しようと思いました。

それではラットプルダウンの使い方を紹介していきます。
バーを肩幅から拳二個(女性の方は一個半)ぶん空けて握ります。その状態で椅子に浅めに腰かけます。そのあと身体を後ろに少し沿った状態で胸にバーを引き寄せます。

ポイントが二つあります。
一つ目は、肩に力を入れないことです。
二つ目は、肘が常にバーの下にあることです。
このポイントを意識することで、より背中にきいてくると思います。

背中を鍛えることで逆三角形の身体になり、ウエストが細く見られます。
是非今年の夏に向けてラットプルダウンを利用してください。
何か分からないことがあればスタッフに聞きに来て下さい。


(豊泉)

画像(1):トレーニングの様子
※画像撮影者/遠藤
写真:トレーニングの様子

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。