スタッフ紹介 第七弾

フィットネス・エクササイズ2020年10月25日

こんにちは、フィットネススタッフの豊泉です。
皆さんお待ちかねのスタッフ紹介第7弾です。
今回はフロントスタッフの雫石さんの紹介です。
雫石さんが学生時代、特に熱心に取り組んでいたことについてインタビューしてきました。

自分:雫石さんが学生時代一番熱心に取り組んでいたことは何ですか?
雫石さん:バトントワリングです。バトントワリングとは、バトンを使って回したり、上に高く上げてパフォーマンスをするスポーツです。

写真:実際のバトンの写真です。
画像(1)実際のバトンの写真です。

自分:バトントワリングをするにあたってどんなことに取り組んでいましたか?
雫石さん:お風呂上がりに柔軟を行っていました。足を広げながらドラマを見ていました。ドラマが見終わる時には、股関節の筋肉が伸びて足が床にぴったりつきます。他にもダンスについて勉強していた時に、ダンスの身体づくりのため体幹を鍛えるトレーニングを行っていました。

自分:もう少しダンスについて勉強していた時の話を聞かせてください。
雫石さん:はい。バトンでのボディワークの向上のためダンスについて勉強していました。ダンスの基礎であるバレエをやることで、身体の軸が出来ました。ダンスの勉強を通して身体の使い方、コンディション、ボディケアについて学べました。これらの知識は今でもレッスンなどに役立っています。

自分:ありがとうございます。最後に雫石さんにとってバトントワリングとは?
雫石さん:バトントワリングをやっていて事が今の自分の糧になっています。個人だけでなくチームで大会に出た時に、必ずバトンを落とせないプレッシャーのなかでやっていたことが自分を大きく成長させてくれました。
終了

ダンス、バトントワリングに興味を持った人、またもっと知りたい方は雫石さんに是非聞いてみて下さい。


(豊泉)

画像(1):実際のバトンの写真です。
※画像撮影者/雫石
写真:実際のバトンの写真です。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。