カロリー消費

ダイエット・美容2020年10月22日

こんばんは、ブログ担当の中村です。
11月も中盤になり、そろそろクリスマスや忘年会等の予定が入ってくる頃でしょうか。
飲み会や会食が増えるこの季節に『どれだけ運動する時間を設けることが出来るか』で、あなたの体型の変化が決まってきます。

体型の変化に大きな影響を及ぼすものの中で、分かりやすいのが『摂取カロリー』と『消費カロリー』のバランスです。

『摂取カロリー』とは、いわゆる口に入れるもの全てです。食べ物も飲み物も飴やガムだって摂取カロリーです。一日の中で何を口にしたかメモをとり、その食品が何kcalあるのか調べてみて下さい。今はネットですぐに調べることが出来ます!

『消費カロリー』とは運動による消費するエネルギーのことですが、立ち上がったり歩いたりするだけでも消費カロリーに含まれます。さらに【基礎代謝量】といって身体を動かさずとも消費するエネルギー(心臓や肺が動き生命活動を維持する働きのこと)があり、この基礎代謝量と一日の運動による消費エネルギーの二つを合わせて、一日の消費カロリーとして計算してください。基礎代謝量を調べる機械はオアシスにあります!

この『摂取カロリー』と『消費カロリー』のバランスで、体型が大きく左右されます。
摂取カロリー > 消費カロリー = 太る
摂取カロリー < 消費カロリー = 痩せる
摂取カロリー = 消費カロリー = 変わらない

まずは、今の自分が一日の食事と運動のバランスがどのようになっているか知ることが大切です。そう言われても、どのくらいの運動をするとどのくらいのカロリーを消費出来るのか分からないですよね?そこで簡単に説明したいと思います。

【1】ショートケーキ(クリスマスの定番)
ショートケーキ(1カット)は約380kcalあります。そこに飲み物をオレンジジュース(コップ1杯)約88kcalをつけると、合計で約468kcalとなります。では、この468kcalを消費するにはどれだけ運動する必要があるのか?
例えば、女子会に参加している体重が50kgの女性が時速8km(しっかりと走るスピード)の速さで1時間走って、約435kcalの消費量となります。なんと、1時間走ってもショートケーキとオレンジジュースを消費しきれないことに!
そこでオレンジジュースをコーヒー(角砂糖・ミルク入り)約23kcalに変えると、合計約403kcalになり、なんとは1時間のランニングで消費できます。さらにブラックコーヒー4kcalにすれば、合計約384kcalなので1時間走ったらケーキとコーヒー以上のカロリーを消費できます!

【2】ビール(飲み会の定番)
ビール(中ジョッキ)は約200kcalあります。そこにおつまみとしてから揚げ(3個)410kcalを食べただけで合計610kcalになります。例えば、忘年会に参加した体重65kgの男性が時速8kmで1時間走ると約560kcalの消費となりますが、ビール1杯とから揚げ3個だけなのにまだまだ運動量が足りないことに。おつまみをから揚げではなく枝豆41kcalに変えるだけで合計が241kcalになり、ビールを2杯飲んでも441kcalと1時間走るより摂取カロリーが抑えられます!

実際の食生活や基礎代謝量も体重も個人差があります。なので自分がどれだけのカロリーを摂取していて、どれだけ基礎代謝量と運動による消費カロリーがあるのか、再度確認してみてください。オアシストレーナーに相談していただければ、お客様個人に合わせたカウンセリングが可能です。どうぞお気軽に話し掛けて下さい。

食べたら運動をする!運動をしたら食べる!
無理に食事を制限するのではなく、運動をすることで楽しい会食にしてください!

写真:
画像(1)


(中村)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。