CPRとAED

店舗日誌2020年10月21日

先日『一次救命処置研修』を縣と須山で受けてきました。

『一次救命処置研修』とは…
私たちのような専門的知識が無い一般市民でも行える、救急隊員や医師に引き継ぐまでに行う救命措置のことです。

内容は、(1)CPR(心配蘇生法)、(2)AED(自動体外式除細動機)です。

(1)では「胸骨圧迫」や「人工呼吸」について、(2)ではAEDの使用方法について学びました。

いつ?どこで?どんな状況が起こるのか?・・・誰にもわかりません。自分自身も注意をしなければならないですし、周りで救命が必要な状況になったときに、自分でも何か手助けが出来れば!と思っています。今年どこへ行っても節電をしています。その為、「熱中症が増えるのではないか?」と懸念されています。水分補給をこまめに!体調管理をしっかりとおこないましょう!


(須山)

画像(1):胸骨圧迫は肘を伸ばして垂直に押します
画像(2):気道確保をして1秒間×2回息を吹き込みます
画像(3):AEDはマシンエリア入り口とフロント横にあります
※画像撮影者/須山
写真:胸骨圧迫は肘を伸ばして垂直に押します 写真:気道確保をして1秒間×2回息を吹き込みます 写真:AEDはマシンエリア入り口とフロント横にあります

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。