うららかヨガ

Academia(VILLAGE)2021年1月25日

イベント参加人数

30名

新しい令和の時代が始まり、祝賀モードに包まれている5月1日に、「うららかヨガスペシャルワークショップ」が開催されました。参加者は定員一杯の30名様で他店からのご参加もありました。

講師は産婦人科医・ヨガ講師・婦人科スポーツドクターの高尾美穂(たかおみほ)先生です。高尾先生はヨガのイベントや指導者養成講座で講演されるとても人気のある先生です。どんなことを話されるのかワクワクとした気持ちで参加させていただきました。

冒頭では先生の思いが述べられました。

「皆さんが今よりいい毎日を送ることができるように」

早速、足指体操が始まりました。皆さんの足がぽかぽかしてきたところで、眠りにつきやすくなる仕組みを説明され、「寝る前に行うのが効果的です」と高尾先生。足指体操により血流が上がり足が暖かくなり、それが冷えてきたところで眠気が起こるという仕組みです。

次に骨盤低筋と共に鍛えると尿漏れを防ぐと言われる内転筋のお話しをされました。着物を着ていた時代に比べて、現代人は椅子中心の生活で内転筋が退化しているそうです。着物でしゃがんだり立ったりする動作は内転筋を使っていたのですね!

写真:腸腰筋をのばしながらツイストきつい!
画像(1)腸腰筋をのばしながらツイストきつい!

ローランジの姿勢でアップダウンしながら、太もも同士をきゅっと寄せるポーズを行ないました。内転筋を意識することにより、普段のランジよりも強度が高くなり効果がありそうでした。そしてオフィスでもできる内転筋のトレーニング教えてくださいました。タオル等を両腿の間に挟んでスクワットをする。恐竜の卵を挟みながら割ろうとするイメージで行うとよいそうです。

その後、次々と医学に基づいて先生が考案されたオリジナルポーズが続出!フォーカスしたい場所をきちっとやることで効果が出てきますとおっしゃっていました。骨、女性ホルモン、栄養についてのお話しも楽しくて引き込まれ、後半は立位のポーズのオンパレードでした。

写真:羽生結弦君・浅田真央ちゃんになりきって!
画像(2)羽生結弦君・浅田真央ちゃんになりきって!

先生から、日々大切な要素は「運動」「休息」「睡眠」の3つ。そして筋肉量をキープしてゆくこと。睡眠不足はがん、うつ、認知症の原因になるそうです。毎日の生活で左右バランスがくずれがちなので、左右対称に行なうヨガは良く、女性におすすめの筋トレパートはお尻、太もも、お腹、背中だそうです。すべて骨盤に繋がっていますね。

ご参加された皆様お疲れ様でした。とても楽しくて90分という時間が瞬く間に過ぎてしまい、終わったときは名残惜しい感じでした。先生の願いである「皆さんでこれからもよりよく年齢を重ねていきたいものですね。」最後に、高尾美穂先生ありがとうございました!

写真:高尾美穂先生を囲んで
画像(3)高尾美穂先生を囲んで


(丸山)

画像(1):腸腰筋をのばしながらツイストきつい!
画像(2):羽生結弦君・浅田真央ちゃんになりきって!
画像(3):高尾美穂先生を囲んで
※画像撮影者/丸山
写真:腸腰筋をのばしながらツイストきつい! 写真:羽生結弦君・浅田真央ちゃんになりきって! 写真:高尾美穂先生を囲んで

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。