筋膜リリース

フィットネス・エクササイズ2021年6月22日

こんにちは、フィットネススタッフの樋口です。
日頃よりラフィール恵比寿にご来館いただきありがとうございます。

蒸し暑くじめじめとした気候が続いておりますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

このような天気が続くと特に頭痛や肩こり、全体的な身体の重さに悩まされる方が
多くなると言われております。
本日はそのような身体の不調の改善やトレーニング効果を上げることにも繋がる、
筋膜リリースについて簡単に書いていこうと思います。

この『筋膜リリース』。
最近では、よくテレビや雑誌などで取り上げられていたり、筋膜リリースについて書かれた出版本もあったりと
耳にする機会が増えてきたことと思います。

筋肉は筋膜という薄い膜に覆われています。

筋膜のはたらきは沢山あるのですが、
そのなかでも”筋肉の動きを支え、力を伝える”という大切なはたらきがあります。

しかし、同じ姿勢での長時間作業、筋肉の柔軟性の低下やストレス、水分不足などが原因で
筋膜同士がからまりくっつきあってしまい、筋肉自体の動きを妨げてしまうのです。

そこで筋膜を柔らかくし滑りを良くして、解きほぐそう!!
それが『筋膜リリース』です。

筋膜を柔らかくすることによって、
筋肉の柔軟性や関節の柔軟性が高まり、トレーニング効果も上がります。

もちろん、ヨガの前のウォーミングアップにも効果的です。

身体が重いと感じるときにも効果的です。

ラフィール恵比寿のストレッチエリアには
筋膜リリースグッズやほぐしグッズがが充実しております。

たとえば、
・頭痛や肩こりが気になる方は肩甲骨周辺や首回りを中心に
・腰痛やひざの痛みが気になる方は足の裏、ふくらはぎ、股関節周辺を中心に

写真:肩甲骨はがし
画像(1)肩甲骨はがし
写真:股関節周辺
画像(2)股関節周辺
写真:股関節周辺
画像(3)股関節周辺
写真:足の裏ころころ
画像(4)足の裏ころころ

ストレッチポールを下において20往復ほどコロコロと行います。
やり過ぎも禁物なので、各部位45秒〜90秒ほどが目安です。

行なう前と行った後の身体の軽さや可動域の違いをぜひ実感してください。

効果的な使い方はぜひフィットネススタッフにお気軽にお声かけください!

1人ではなかなか出来ない方にはコンディショニング系のレッスンプログラムもおすすめです!
周りの方が頑張っているとなぜだか自分も頑張れたりしますよね?
レッスンマジックです!笑

またラフィール恵比寿には、筋膜リリースに精通したパーソナルトレーナーもたくさんおります。
セルフケアも大切ですが、より効果をだしたい、詳しいことを知りたい方は
マンツーマンで指導していただけるパーソナルトレーニングもおすすめです!

ご自身の身体は一生の付き合いです。
より快適に健康に過ごしていけるよう、日頃からのケアを大切にしていきましょう。


(樋口)

画像(1):肩甲骨はがし
画像(2):股関節周辺
画像(3):股関節周辺
画像(4):足の裏ころころ
※画像撮影者/樋口
写真:肩甲骨はがし 写真:股関節周辺 写真:股関節周辺 写真:足の裏ころころ

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。