トレーニング効果の出ない理由

フィットネス・エクササイズ2020年9月24日

こんにちは。オアシス横須賀店フィットネススタッフの楠本です。
トレーニングの効果を出すための3つの原理と5つの原則というものがあります。
今回はその中の「過負荷の原理」と「漸進性(ぜんしんせい)の原則」を紹介したいと思います。
「なかなかトレーニングの効果が出ない」とおっしゃる方とお話をしていると、この2つが出来ていない方が多いと感じています。

まず「過負荷の原理」についてです。
簡単に言うと “トレーニングでは日常生活以上の負荷を与えましょう” ということです。
例えばお仕事で毎日10kgの荷物を運ぶ方が、1kgのダンベルでトレーニングしても効果は出にくいですよね。
逆に20kgのダンベルでトレーニングしておけば、お仕事の10kgは軽く感じるはずです。

次に「漸進性(ぜんしんせい)の原則」です。
こちらは “出来るようになったら徐々に負荷を増やしましょう” ということです。
例えば『毎日1kgのダンベルでトレーニングしている方』と、『毎日1kgずつダンベルの重さを増やしている方』だと1年後にはどちらの方がトレーニング効果が出ているか…は何となく想像がつきますよね。

以上のことが私が皆さんとお話をしていて、ご紹介しておきたいなと思った内容です。
これを実践するのは確かに辛いかもしれません。
ですが、数分のトレーニングの“辛さ”が人生の“楽さ”になっていきます。
メニューの組み方などの相談はお気軽にスタッフへお声掛け下さい。

写真:
画像(1)


(楠本)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。