トレーニングの原理・原則

店舗日誌2020年12月12日

今回は、皆さんが日々トレーニングしていく中で筋トレの正しい回数や重量などをご案内していきます

まず、筋トレをするにあたって重い重さでやればいいのか?回数を沢山やればいいのか?疑問が沢山あると思います。
皆さんに最初に知っていただきたいのが、「トレーニングの原理・原則」です!

3つの原理と5つの原則があります
トレーニングの3原理

・過負荷の原理
・可逆性の原理
・特異性の原理

トレーニングの5原則
・全面性の原則
・漸進性の原則
・反復性の原則
・個別性の原則
・意識性の原則

今回は、トレーニングの原理についてお伝えしていきます

・過負荷の原理
 

 日常生活と同じ負荷のトレーニングを行ってもトレーニングの効果はありません。
 これを「過負荷の原理」と言います。
 また、トレーニングも毎回同じ負荷ではカラダがなれて、効果が現われにくいです。

・可逆性の原理

 
 トレーニングをして鍛えた筋肉は、継続してトレーニングしなければどんどん減っていきます。
 トレーニング期間の短さに比例して、効果が無くなるのが早い。

・特異性の原理

 
 目的に合ったトレーニングをする必要がある。
 トレーニングは、やり方によって効果が異なります。
 筋肥大をしたいのに、筋持久力をトレーニングしても求める効果が得られない。
 目的にあったトレーニングをすることが大事。

みなさんもトレーニングをする際は、まず「原理」を考えながらトレーニングしていきましょう!

〇港南区、南区、磯子区で『ジム・温泉・ホットヨガ』と言えば東急スポーツオアシス上大岡店

 


(小峯)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。