main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

火の用心!防災訓練〜消火栓を使った放水体験〜

11月10日の火曜日に、文京グリーンコートで防災訓練がありました。

グリーンコート内のオフィスタワーでお仕事をしていらっしゃる方も含め、たくさんの方が参加しておりました。
オアシス本駒込店からも参加をさせていただきました。

『大きな地震が来た』という想定で、広場へ避難するというところから防災訓練がスタート。
実際に地震が起これば、物は倒れてくる、ガラスが割れる、ビルが倒れる、ケガ人が発生する・・・など様々な想定がされます。
そんな中でもパニックになって、何をどうすればいいかわからない・・・ということにならない為にも防災訓練はとても重要です。

本駒込店だけで避難訓練を行ったり、水難救助訓練を行っています。
緊急時の対応がすぐにとれるためにも、身体に覚えさせることも大切だとスタッフ皆で確認をしあっています。

今回、グリーンコートで行った防災訓練の中には、4つの体験がありました。
消火栓を使った放水の体験、消火器の使い方、ケガをしたときの三角巾の使い方、そして地震の揺れの体験です。

『防災訓練その1』ということで、消火栓を使った放水体験についてご紹介したいと思います。

本駒込店の中にも消火栓がありますが、消火器では消すことができないぐらいの火災が起きた際に活躍するのが、消火栓です。
今は、スプリンクラーがついている建物が多いらしいです。

消火栓を使う時には、筒先を持って火元に向かう人、その人をサポートし、バルブを開ける人の2役が必要となります。
2人の連携プレーと声掛けがとても大切ですね。
放水する瞬間の水圧はとても勢いがあり、しっかりと踏んばらなければ、倒れてしまいます。
そして火元にむかって放水をするということがポイントです。
実際に放水してみると、一瞬声を出してしまうくらい勢いが凄かったです。

冬に近づくにつれて、火災が発生しやすくなります。
『火の用心〜』とそろそろ聞こえてきそうな季節ですが、少しの火でも大変なことになってしまいます。
防ぐということが大切ですので、皆さん、気をつけてくださいね♪
『マッチ1本火事の元』を忘れずに冬を過ごしてくださいね!


(藤崎)

画像(1):まずは起動スイッチを押してスタート。
画像(2):2人で協力することがポイントです。
画像(3):放水するときは火元を狙っていきます。
※画像撮影者/藤崎
火の用心!防災訓練〜消火栓を使った放水体験〜 火の用心!防災訓練〜消火栓を使った放水体験〜 火の用心!防災訓練〜消火栓を使った放水体験〜
2009年11月10日│店舗日誌
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。