main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

蕎麦は生活習慣病を予防する健康食

蕎麦に含まれる栄養素はバランス・質ともに大変優秀です。たんぱく質は白米の3割以上も多く、たんぱく質を構成するアミノ酸値で比較しても牛乳の100に対して蕎麦92とほぼ鶏卵と同じです。(因みに白米は65!)しかも体内で作ることができない必須アミノ酸が多く含まれています。必須アミノ酸は身体の発育に大切なリジン、スタミナ源のアルギニンなども多く含まれている為、意外ですが成長期のお子様にもとてもおすすめです。蕎麦の食物繊維は言わずもがな、便秘解消や宿便対策に効果的です。ビタミンB1は白米の数倍で、体力低下、食欲不振、イライラ予防に効果的。ビタミンB2は皮膚・粘膜強化。ビタミンEは老化防止。コリンは癌・肝硬変・脂肪肝予防。などなど沢山の栄養素が含まれています。

また、ポリフェノールも忘れてはいけません。血管を丈夫にしたり、様々な病気の原因になる活性酸素を体内から除去する働きもあります。特に蕎麦ポリフェノールは脳の記憶細胞が死滅するのを防ぐ効果がある為、ボケの防止に非常に効果があるといわれています。更に穀物類では蕎麦にしか含まれていないルチンは毛細血管を強化して血圧を下げる働きがあるため心臓病・脳血流障害・動脈硬化・高血圧の予防に非常に効果的であることが分ってきました。しかし惜しいことに、これらの栄養分は茹で汁に多く含まれているものが多いようなので、是非最後は、蕎麦湯でしめてみてください。

こんな雑学を知った私の友達(40歳over)は、実際に1年間の蕎麦ダイエットをしました。その結果・・・なんと!20キロの減量に成功しました。本人は身体が軽くなり、オシャレも楽しめるようになり、大満足のようでした。病院の定期検診でも、急激な体重の減少にも関わらず内臓、肝機能も健康そのものだったようです。偏った食生活は良くありませんが、呑んだ後のラーメンを蕎麦にしてみるとか!ちょっと試してみる価値はあるかと思います。


(河西)

画像(1):最後に蕎麦湯でしめてみてください
画像(2):最近は蕎麦のサンドまであります
※画像撮影者/河西
蕎麦は生活習慣病を予防する健康食 蕎麦は生活習慣病を予防する健康食
2011年02月09日│食事・栄養・レシピ
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。